TOPICS&NEWS
click here!やまぐちラーメン界、新たな時代の幕開け!!

ヤスベェの明日転機になあれ!

facebook

山口県グルメ情報サイト「ユビーク」

しゅうなんエフエム

注目のアーティスト

前のページに戻る

Ms.OOJA
Ms.OOJA

「Ms.OOJA」インパクトのあるアーティスト名の彼女は名古屋のクラブで約10年歌い続け29歳でデビューしたアーティスト。何もないところからクラブで人気アーティストとなり、メジャーデビューするまでになった。色々悩んで試行錯誤してここまでたどり着いた彼女のインタビューを通して“頑張ることの大切さ”を学んだ気がする。オジャ姉さんのインタビューからいろんなヒントをつかんでくだされ!!

=Ms.OOJA=
名古屋のクラブシーンで歌い続けている本格派女性シンガー&ソングライター。圧倒的な歌唱力で、シーンでは絶大なる支持を得ており、過去にもAK-69やHOKTなどシーンのメインアーティストと共演。一気にウェッサイシーンを越えてその実力が注目されている。

Ms.OOJAという名前はインパクトがありますね。どういうところからこのアーティスト名になったのですか?
この「ミス・オオジャ」という名前なんですが私の本名を並べ替えているんです。名前の響きも本名からとっているんです。本名に関係している名前がいいな、と思っていて。あと被らないことも頭に入れてました。「ミス・オオジャ」は検索しても私しか出てこなかったんで。
デビューまでの経緯を教えてください。
クラブの沢山のアーティストが出るイベントに今、私の担当をしてくださっているユニバーサルミュージックの方が観に来ていたんです。私を見に来たわけではなかったんですが目に留めてくれたみたいで。実は他のレーベルさんからもデビューのお話をいただいていたんですよ。でも情熱のユニバーサルに身をゆだねてみよう、と(笑)。お話いただいてデビューするまで一年くらいはかかってます。
デビュー前でもクラブで根強い人気を誇っていたんですよね?メジャーに行きたいと思っていたんですか?
ずっとメジャーデビューの憧れはあったのでメジャーデビューはしたかったです。でもなかなかうまくもいかなくて。反骨精神というかインディーで十分だよ、って思っていた時期もありました。でも周りのクラブ仲間がどんどんメジャーデビューしていくのを見ているとリアルに落ち込む自分がいて。その仲間のブログを見て「メジャーってこういう広がりがあるんだぁ」なんて思ったりもして(笑)。
やっぱり憧れていたんだ、と?
はい(笑)。でも今、このタイミングでデビューとなってよかったな、って思うんです。メジャーデビューをしてみてメジャーって本当に多くの人に触れることになるんだな、って感じました。恋愛も経験したり、うまくいかなくて辛い事を味わったりもして出せる引き出しが増えたんですね、この歳になると(笑)。熟成した今だからメジャーという舞台でようやく戦えるんだ、って思います。昔だったら武器がなくてすぐにポシャっていたと思いますね。
「翼の折れた天使達に捧げる」というコンセプトで楽曲を発信していらっしゃるようですね。どういったきっかけでこのコンセプトを打ち出すことになったのですか?
インディーズの時にユニットを組んでいたEL LATINO(エル・ラティーノ)がまずこのコンセプトを打ち出していたんです。なので私は彼のコンセプトに共感した、というところが大きいです。クラブって明るい子もいますけど、寂しい子や深い悩み、心に傷を負ってボロボロの子も多いんです。クラブはお客さんとの距離が近いからそういうファンの子の話を聞く機会が多いんですね。こういう色んな事でボロボロの子の心を少しでも音楽で軽くできたら、という気持ちからはじめています。
オジャさんの楽曲には誰にも身近に感じるリアルなメッセージが多いと思います。
歌詞を書くのは自分の体験などが基盤となっているのですか?
そうです。自分の思いをぶつけているので自分の体験が基本ベースです。最近はブログなどでファンの子が書き込んでくれたりもしていて、そのメッセージから受けた思いを曲に反映させたりしています。自分の経験をふまえて同じように悩んでいる人に届けたい、って思っているんです。そこは昔から変わらないところです。
思いを歌にぶつけている、ということですか?
はい!歌詞を書いているうちに自分の気持ちを整理出来たりするんです。あぁ自分ってこんな事を思っているんだ、って。歌を歌う事や思っている事を書く事で自分自身のセラピーになるんです。自分自身で救われる、というか。そしてそうやって出来上がった曲にファンのみなさんが共感してくれることでまた再度私が救われる、という・・・。
オジャさんの歌はいろいろな思いが詰まっていますし、3枚目のシングルの「Cry day...」は男性がいない女子だけの会で熱唱したいですね。
(笑)。ありがとうございます!!男性も聴いていただきたいんですが、私が女性なのでやっぱり書くのが女ごころだったりしちゃうんです。私の歌はみんなに届きやすいように日本語で書く事を意識しているんです。男性には見せたくない女の解放したところに私の歌が入ってくる、というのは嬉しいですね。
カラオケで歌うにもオジャさんのように広い音域が普通は出ません。どうやったら高音を気持ちよく伸ばせますか?
高音を出す時って上を向いてしまう人が多いんですよ。それって逆効果で上を向いちゃうと高音って出ないんです。首が伸びてると声は出ないんです。なのでうずくまる、まではいかなくても前屈みになって足を踏ん張れば高い声が出やすくなりますよ。

【Ms.OOJAさん個人についてお聞きします。】

アーティストになろうと思ったきっかけは?
まず歌が大好きで目立ちたがりだったというのはあるんですが(笑)R&Bの音楽を知ることで衝撃を受けたんです。「なんだ、このかっこいい音楽は」って。そこでもっと音楽に触れるためにクラブに行くようになって。そこでイベントを主催していた友達に「歌ってみれば」って言われて歌って。それが楽しくてもっと歌いたい、って思った事がきっかけです。
クラブに行ったとしてもなかなか歌える機会ってないのでは?
これもタイミングなんです。たまたま友達がイベントをやっていて声がかかった、っていう。ただ、やりたいのであればいつでも出来るように準備はしておくことを勧めます。タイミングがあって歌える時が来た時にすぐにパフォーマンスができるように自分の武器を持つ、という。そして行動に移すこと。いきなりクラブで歌っちゃってもいいと思いますよ。そんないきなりな行動でも良ければ次も、って声がかかりますから。
これまで何のアルバイトを経験しましたか?
いろいろやりましたよ~~。喫茶店にエステにアパレルとか色々やってきました。一番合っていたのはアパレルですね。お客さんと話が出来るのが楽しかったですし、昔私が血気盛んで男性と一緒にいるとすぐに喧嘩になってになってたんです。女性はそうでもないんですけど。なので女性が多い、っていう環境は性に合っていたんだと思います。
スランプはありましたか?その時の脱し方は?
22,23歳のころですかね。(ユニットを)一緒にやっていたEL LATINO(エル・ラティーノ)というアーティストは既にクラブでは有名な存在だったんですね。だから私はエル・ラティーノにくっついているシンガーの子、っていう認識で。クラブのお客さんって近い分、リアルに分かりやすいんです。私だって“Ms.OOJAっていうシンガー”なのに、っていう悔しさがありました。打開するにはどうしたらいいのか、ということをすっごく考えましたね。自分の魅せ方、アピールの仕方、衣装…色々試しました。そうしていくうちにステージに立った時「オジャ―」って声が聞こえ始めたりして。
落ち込んだ時に聴くと元気をもらえる楽曲はなんですか?
クラブミュージックよりもJ-POPかもしれないですね。日本語で聴ける歌詞ってすごく心に入ってくるんですよね。スターダストレビューさん大好きなんですよ。私の2枚目のシングルのカップリングにカバーも入れさせてもらっているくらい。あとはSING LIKE TALKINGさん、宇多田ヒカルさん、秦基博さんとか聴いてます。意外って言われますね(笑)。聴覚から衝撃を受けるみたいです。声フェチなんですかね。スタレビさんを聴きだしたのは大人になってからなんですが、夜中テレビでライブ映像が流れていたんですよ。私はうとうと寝ながらテレビをつけていたんですが、歌声が耳に入ってきて「なんじゃこりゃ!」ですよ(笑)。素晴らしかったですね、声も楽曲も。
私を形作ったとしてもいいほどの影響を与えた本・映画は?
「ろくでなしBLUES」「スラムダンク」などはハマってましたね。弟が読んでいたんです。私は四人兄弟なんです。私は漫画とか買わないんですけれど、弟や妹が買ってくるのでそれを読ませてもらってます。うちは結構共有することが普通の家だったので漫画も家にあったので読んでみる、という流れで読んでます。何気なく読んでたんですがハマりましたね。
最近旅に行きましたか?
先日待望の和歌山に行ったんです。南紀白浜アドベンチャーワールドですよ!パンダを見に行ったんです。もう可愛かったんですよ~~!!去年(2010)に双子の赤ちゃんが生まれた、っていうニュースを見てから絶対行きたい、って考えてたんです!!たしか全国的には大きなニュースではなかったんですが、もう私の周りでは「パンダやばい」って大騒ぎで。まだ子供でちっちゃいんですよ。よかったら今のうちにぜひ(笑)。
異性に言われて嬉しかった言葉は?
ルックスうんぬんというよりか自分の歌を褒めてもらえると嬉しいです。やっぱり自分の歌は自分自身が赤裸々に出ているものだったりもするので歌を褒めてもらえる=私自身を肯定してくれている、というか・・・。
最後に読者に一言お願いします。
今回のMs.OOJAのアルバムは共感していただける部分も多くあると思います。またMs.OOJAの“声”を堪能してください。曲の並びもこだわって作ってます。エンドレスリピート出来るよう考えているのでぜひ!!それからライブにも来ていただけると嬉しいですし、ブログにも感想を書き込んでもらえるとありがたいです。よろしくお願いします!!
翼の折れた天使達へ…。女性の心を写し出すヴォーカリストMs.OOJA、1stアルバム
「あなたといつか一緒になると思っていた。それなのに…」お客さんとの距離が近いクラブでファンと触れ合ったところからくる想い、自身の悩みなどを赤裸々にさらけ出している歌詞が女性に共感を得ている彼女。女性の「わかるぅ~!!」歌詞に抜群のボーカルがのったことで世界観が広がる、ジェットコースターのようにめまぐるしく聴き入ってしまう作品。
VOICE
【アーティスト名】Ms.OOJA
【タイトル】VOICE
【レーベル】ユニバーサルシグマ
【URL】http://www.universal-music.co.jp/msooja/
【価格】¥2,800(税込)
【発売日】2011年6月22日