TOPICS&NEWS
click here!夏バテなんてしていられない!涼を求めて旅にでよう

ヤスベェの明日転機になあれ!

facebook

山口県グルメ情報サイト「ユビーク」

しゅうなんエフエム

注目のアーティスト

前のページに戻る

ミロシュ
ミロシュ

モンテネグロのギタリスト、ミロシュ。これまで皇太子賞─チャールズ皇太子の音楽賞をはじめとする数々の賞を総なめしてきた彼の待望の日本デビューが決定!ギターもさることながら彼のイケメンっぷりも注目です。初来日した彼にお話を聴いてきました。

=ミロシュ=
1983年、モンテネグロに生まれたミロシュは、8歳でギターを始め、わずか6カ月で音楽学校のギター教師が教えられることの全てをマスターし、9歳で公開演奏、11歳でモンテネグロ音楽コンクールに優勝。2004年、クラスの最年少にもかかわらず、世界最高峰の音楽大学、王立音楽院を首席で卒業。クラシックの名門レーベル、ドイツ・グラモフォンメジャー・デビューへ。

ミロシュさんはギターを始められたきっかけは?
小さい頃から人前で歌ったりするのが好きだったんです。それで8歳の時に両親に音楽学校に入れて欲しいとお願いしたのが始まりです。その音楽学校でバイオリン、ピアノ、ギターから専攻を選ばなくていけなかったんですが、家に古いギターがあったことでギターを選んだんです。僕の中ではギターと歌でロック歌手になれると思っていましたね。
ロック歌手ですか?
僕の育った環境にはクラシック音楽の伝統がなくてクラシック音楽を知らなかったんです。そういう経緯もあって学校では楽譜通りに弾かないといけないといった音楽に退屈さを覚えていました。僕のやりたいロックじゃない、って。でも父親が僕に才能を伸ばそうとしてスペインのカリスマギタリスト、アンドレス・セゴビアが演奏するアルベニス作曲の「アストゥリアス」だったんです。
今回のアルバムの1曲目にも収録されていますね。
僕の転機の曲だったので絶対にアルバムに収録したいと思っていたんです。当時この楽曲を聴いた時、全く見た事もない別世界を見た感覚に陥ったんです。ギターは指の肉と爪だけで奏でるシンプルな楽器なのにいくつもの音色が奏でられるものなのか、と衝撃を受けました。それからは熱心に練習するようになりましたね。
ロック歌手の夢はどうなったのですか?
「アストゥリアス」を聴いてクラシックギターの魅力に魅せられてからはクラシックギターを極めることが夢になったんです。ロック歌手はギターと歌が出来たら単純にカッコイイって思っていただけだったので(笑)。
16歳でロンドンへ音楽留学をされましたね。16歳での決断は勇気のいる行為だと思います。
モンテネグロの音楽学校で将来クラシックギタリストになる、と決めていたのでロンドンはその夢のための出発地点だったんです。怖いとかプレッシャーとかそういった気持ちよりは偉大なチャンスを手に入れた、それを活かさないといけないという使命感の方が強かったように思います。
ロンドンの学校も首席で卒業、これはすごい事ですね。
ロンドンの学校に入学した時、僕のギターテクニックは穴だらけという事を感じたんです。モンテネグロではある程度出来たと思っていましたが全然ダメでした。それからはひたすら真面目にギターと向き合いました。首席で卒業できた事は地道に努力をしてきた自分へのご褒美だと思っています。
そして待望の日本デビューアルバムがリリースされますね
このアルバムをレコーディングした時、世界中の人に伝わるようにと意識をしていました。スタジオに入ってレコーディングする場合は色々完成度を高めようと手を加えがちですが、僕の場合は感性、感情を優先しました。CDはビジュアルが見えないので感情が伝わりにくいからステージの演奏よりも10倍くらい感情を出して録音してもいいかな、って思いましたね。
アルバムのタイトル名が「メディテラネオ」スペイン語で地中海という意味なんですね
自分の大好きな曲を全部収録したいのですがそうはいかないので自分のルーツである地中海というキーワードを作りました。私は地中海にあるモンテネグロという国の出身です。そしてギターという楽器も地中海にあるスペインという国で生まれた楽器なんです。
ミロシュ初心者にむけておすすめの楽曲があれば教えて下さい。
このアルバムの1曲目のアルベニス作曲の「アストゥリアス」。先ほども言いましたが僕の転機となった楽曲だったからぜひアルバムには入れたかった。そういう意味でも1曲目のこの曲は聴いて欲しいですね。
5曲目に収録されている邦題「禁じられた遊び」は私たち日本でも馴染みのある楽曲です。
この曲は僕が初めて人前で演奏した楽曲なんです。この作品での「禁じられた遊び」は僕のアレンジで演奏されているんです。日本でも馴染みのある曲なら違いが分かるかな?
読者に一言お願いします
今回のアルバムは地中海というテーマで人の極端な感情をも表しています。今回のアルバムで自分の気持ちを触発させる、インスピレーションを受けてもらえたらと思います。そして地中海の旅というものをこのアルバムで感じてくれればいいですね。
地中海からやって来た、情熱のギタリスト ミロシュ、デビュー!
アルバム・タイトルの「メディテラネオ」はスペイン語で地中海のこと。ギターという楽器はスペインで発展した。アルバム収録のアルベニス、グラナドス、タレガ、リョベットら地中海の西に位置するスペインを代表する作曲家の名曲と、ミロシュ自身も地中海沿岸のモンテネグロ出身ということからデビュー作のタイトルが付けられた。
ミロシュ・デビュー!〜地中海の情熱
【アーティスト名】ミロシュ
【タイトル】ミロシュ・デビュー!〜地中海の情熱
【レーベル】ユニバーサル ミュージック クラシック
【アーティストURL】http://www.universal-music.co.jp/classics/artist/milos_karadaglic/index.html
【価格】 限定盤 SHM-CD+DVD 3,500円(税込み)
【発売日】2012,4,4