TOPICS&NEWS
click here!今年のトレンド今年のうちに要チェック!

ヤスベェの明日転機になあれ!

facebook

山口県グルメ情報サイト「ユビーク」

しゅうなんエフエム

注目のアーティスト

前のページに戻る

森山直太朗
森山直太朗

メジャーデビュー10周年を迎える森山直太朗。4/11にリリースのアルバムのタイトルは「素敵なサムシング」。いろいろな世界へいざなってくれる濃厚アルバムとなっております。

=森山直太朗=
少年時代より一貫してサッカーに情熱を傾ける日々を送るが、大学時代より本格的にギターを持ち、楽曲作りを開始。2002年10月メジャーデビューを果たし、翌2003年『さくら(独唱)』の大ヒットで叙情的な詩の世界とその独自な歌声が注目を集めた。
2005年音楽劇『森の人』を成功させ、2006年には楽曲の共作者でもある詩人、御徒町凧の作・演出による演劇舞台『なにげないもの』に役者として出演し好評を博すなど、表現活動は音楽だけにとどまらない。4月から10th アニバーサリーツアー「洪積世ボーイ」がスタート。

アルバム1曲目から多くの人が抱いている森山直太朗を覆すアレンジに驚きました。
ずっとやっているとマンネリも出てくるし真骨頂というか得意な分野があるわけなんですが、出来るだけ回避していかないと新しい発見はないのかなと思ったりして。けれども大切なものとか楽曲との距離感とかは変えられないので変えることなく曲とどう対峙できるか、そういう事は考えていますね。
今回18曲入りという大ボリューム作品ですね
はじめからこんなボリュームで作ろうなんて思っていなかったんですよ。作っていくうちにボリューミーになっちゃいましたね。自分にとって刺激が新鮮なもの、新鮮なものと求めていったらこういう形になったんです。
今回も多彩な種類の楽曲が収録されていますが、アルバムの収録曲はどのようにして決まるのですか?
何曲か作ってスタッフと一緒に聴いて収録する曲を選んでいきます。タイミングだとか全体の雰囲気とか相対的に見て今一番粋のいいものが収録曲となるんです。チームでいうとコンディションのいい人は先発で試合に出られるみたいなものです。
直太朗さんのなかで「これは外れちゃったんだ」なんていう思いをすることも?
そんなのはたっくさんありますよ!「これダメなんだ」ということもあれば「あれれ、これが先発入りしちゃったの?」なんてこともあります。でも意外にそういう客観的な意見が功を奏したり活動に緊張感を与えたりしてくれているんでいつも聞く耳は持っています。
スタッフの意見もそうですが、ライブなどお客さんからの反応も予想と違うことがありましたか?
そんな事の連続ですよ。自分がいいと思って作っているものは手前味噌で終わることも多いんです。あまり自信がなかったり、若干改良すべきと思っている曲が意外と評価されたりすることがあります。
4月からは全国ツアーもはじまりますがアルバム18曲だと全て歌いきれませんね。
今年は10周年のコンサートでもあるので新作アルバムからとこれまでの楽曲をギュッと凝縮したものになりますね。全部やってたら5,6時間かかっちゃうから。
いろんな地域に行かれていますがツアー先の都市で街を歩いたりはするのですか?
走るのが好きなので時間があれば走りますね。あとは地方の美味しいものを食べたり温泉に行ったりキャバクラ行ったり・・・ってこら(笑)
読者のみなさまに一言お願いします。
素敵なアルバムが出来たので聴いていただけると嬉しいです。そして褒められたいです(笑)。辛口のご意見でも受け止めますのでぜひぜひご意見ご感想お待ちしております。
森山直太朗 10thAnniversary Year オリジナルフルアルバム!
通算9枚目、フルアルバムとしては5枚目となるニューアルバム。今作は全18曲という質量ともに充実した、てんこ盛りな1枚。Anniversary Year の活動の幕開けを飾るに相応しい「いま」の直太朗がぎっしり詰まった作品。
素敵なサムシング
【アーティスト名】 森山直太朗
【タイトル】素敵なサムシング
【レーベル】NAYUTAWAVE RECORDS
【アーティストURL】http://www.naotaro.com/
【価格】3,300円(税込み)
【発売日】2012年4月11日